「おたからやのフランチャイズ契約後のサポートってどうなの?」
このように、おたからやのフランチャイズ契約後のサポート内容について気になっている方は多いのではないでしょうか。そこでこのページでは、下記の点に関する独自調査についてご紹介します。

  • 一般的なフランチャイズ契約のサポート内容に関して
  • おたからやのフランチャイズ契約のサポート内容に関して
  • 一般的なフランチャイズ本部と加盟店の関係性に関して
  • フランチャイズ加盟に必要な心構え

おたからやのサポート内容だけでなく、一般的なフランチャイズ契約のサポート内容までご紹介します。

また「おたからやは全然サポートをしてくれない。」という被害の声を聞いて不安な方のために、おたからやのサポート体制が実際どのようなものなのか、独自に調査した結果もお伝えします。
フランチャイズ契約をご検討中の方は、契約前に一度ご確認ください。

1.一般的なフランチャイズ契約のサポート内容について

フランチャイズ契約をきっかけに独立する方は多いのではないでしょうか。
未経験の業種では、フランチャイズ契約後にきちんと運営していけるか心配な方も多いでしょう。
まずは、フランチャイズ契約ではどのようなサポートを受けられるのかみていきます。

1-1.開業前

<店舗運営サポート>

フランチャイズ契約後は、本部からオーナーに対する店舗運営サポートを受けられることが多いです。フランチャイズ契約は、営業開始後にオーナー自らが店舗を運営していく必要があります。そのためにも、営業開始までに業務内容を知り、実践できることが重要です。

フランチャイズブランドによりますが、実店舗での研修ができる場合もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

<開店準備サポート>

開店前に店舗準備に関するサポートを受けられる場合があります。例えば、店舗で什器の設置が必要な場合、その調達から設置まで手伝ってもらえたり、従業員の雇用に関してもサポートしてもらえたりと、様々な面からオーナーの開業を手伝ってもらえます。特に、従業員の雇用に関しては専門知識が必要なことが多く、一人で対応するのは難しい場合もあるでしょう。このような、開業に関するあらゆることを手伝ってもらえるのが開店準備サポートです。

<宣伝広告サポート>

店舗運営の中でも重要なのが宣伝・広告です。宣伝広告に関するサポートを行なっているフランチャイズ本部は多いと言えるでしょう。宣伝広告は特に開業時に重要なため、事業を勢いよくスタートさせるためにも積極的に活用してください。本部のデザインをそのまま使えるチラシを利用すれば、印刷発注の手間を省くこともできます。なお、宣伝広告サポートは開業後も受けられる場合が多いです。

1-2.開業後

<運営視察・助言サポート>

フランチャイズ契約後、本部の営業担当者が定期的に運営状況を確認するために店舗を訪れることがあります。オーナーに困りごとがないかを確認し、その都度適切な助言をしてもらえるため、未経験の業種や初めてのフランチャイズビジネスであっても安心して開業できます。

<情報提供サポート>

フランチャイズ本部は、開業後も様々な情報をオーナーに共有してくれることが多いです。成功事例や失敗事例などを伝えることで、オーナーが円滑に事業を運営できるようサポートしてもらえます。例えば、下記のような情報をオーナーに共有することが多いです。

  • 新しい販売戦略
  • 業界全体の動向
  • 競合店舗の戦略

最新の情報を得ることは、事業を継続させるために重要な要素です。営業担当者と密なコミュニケーションをはかり、あらゆる情報を集めるようにしましょう。

<店舗拡大サポート>

店舗運営がスムーズに進んでいる場合、2店舗目出店を打診される場合があります。2店舗目を出店することで、オーナーはこれまで以上に収益増加を目指せるでしょう。しかし、1人で2店舗の管理は難しい場合があります。このような場合に、2店舗目の準備を支援してもらえる制度があるのです。店舗選定、販売戦略等、オーナーの負担を減らせるよう、本部がサポートしてくれる場合があるため、今の店舗運営を維持しながら収益拡大への一歩を踏み出すことができます。

2.おたからやのフランチャイズ加盟におけるサポート内容とは?

一般的なフランチャイズ契約のサポート体制の次は、おたからやのサポート体制についてご紹介します。

2-1.開業前

<開業支援>

おたからやでは開業前に加盟検討者の悩みを解決するために、選任コンサルタントやスーパーバイザー(SV)がサポートします。加盟検討者の理想や夢を叶え、ビジネスを成功に導くために、オープン前とオープン後に別のスーパーバイザーが担当し、その時々の状況に合わせた最適なサポートを受けられるのです。そのため、初めて買取ビジネスに挑戦する方でも安心してビジネスを始められます。

<資金融資>

開業にはある程度まとまった資金が必要な場合が多いです。また、資金が足りないからという理由で、新しいチャレンジを諦める方が多いのも現状と言えます。おたからやでは、資金不足が原因で開業を踏みとどまっている方のために、資金融資サポートを実施しています。事前にコンサルタントに相談することで、資金融資サポートを受けられる場合があるため、開業資金で困っている方も安心です。

<物件選定>

ビジネスの成功には物件や立地も重要です。おたからやでは、これまでの出店実績を照らし合わせながら、エリア調査・物件選定における専任担当がお一人おひとりに合わせた物件を紹介します。初月から黒字化が見込まれる物件を、駅前・ロードサイド・商業施設などの400件以上あるストック物件から紹介してもらえるため、地域特性やオーナーの希望に合った物件を見つけることが可能です。もちろん、オーナーご自身が所有する物件で出店することもできます。

<集客・広告計画>

開業時に重要な集客や広告に関しても、おたからやではしっかりとサポートしてもらえます。オーナーごとに担当のスーパーバイザーがつき、20年にわたり培ってきたおたからやの集客データから、最適な集客・広告計画を提案してもらえるのです。また、おたからやHPに店舗情報を掲載してもらえるのも大きな集客効果に繋がるでしょう。

<オープン前研修>

おたからやでは、個人・法人問わず、誰もが買取ビジネスで成功できるよう、オープン前研修を行なっています。主な研修内容は下記の通りです。

・貴金属・宝石研修

買取業で最も持ち込みが多いのが貴金属です。指輪・ピアス・ダイヤモンド等の宝石など、様々な貴金属が持ち込まれますが、初めて買取業に参入する方にとっては査定が難しく感じられるでしょう。そんな不安な方のために、キャリアのある講師による研修が開催されています。実際に商品を確かめながら、講師に様々な質問ができるため、査定が初めての方でも安心して買取業に参入できます。

・ブランド品真贋(しんがん)研修

買取店に持ち込まれることの多いブランド品ですが、高額になるほどコピー品が出てくることは珍しくありません。おたからやでは、偽物を取り扱うことがないよう、専門部署が蓄積した「本物」「偽物」を見抜くノウハウを研修にて伝えています。このノウハウがあるからこそ、買取業未経験の方でも失敗しない店舗運営ができるのです。また、万が一偽物を買い取ってしまっても、保証制度が適用されることでオーナーの経営リスクを排除しています。

・広告戦略研修

おたからやの集客ノウハウを伝える研修を行なっています。20年間直営店で培ったデータを元にした広告戦略研修のため、成功の近道になるでしょう。

・その他

おたからやでは、古物営業法に関する注意点や、法令に関する研修まで、店舗運営に必要な情報についても細かく研修で伝えています。

2-2.開業後

<真贋保証>

おたからやでは、本部が査定をした商品が偽物だった場合、全額買取保証をしてくれます。本部サポートによって偽物を買い取るリスクは減りますが、さらに安心してオーナーが買取できるよう、真贋保証が生まれたのです。また、貴金属・宝石・時計・バッグなどのブランド品だけでなく、他社ではほとんど査定することのない切手・骨董品・ブリキ玩具・模型といった、趣味で集めることの多い品物まで、幅広く査定できるノウハウを持っています。

<オープン後フォロー>

おたからやでは、開業はあくまでスタートラインだと考えています。店舗運営の目標は、事業拡大だけでなく、オーナーご自身の成長や自己実現です。そのため、おたからやではオープン後もオーナーが成長し続けられるよう、フォローアップにも力を入れています。下記は主なフォローアップです。

・ブロック研修

おたからやでは、定期的に各地方で研修会を行なっています。商品の真贋・最新の相場情報・商品研修・新しい広告デザイン・集客方法・経営の健康化指導など、その都度様々な研修を行なっているのです。また、普段は顔を合わすことのほとんどないオーナー同士、またスーパーバイザーとのコミュニケーションの場にもなっているため、一人で事業をされている方にとっては、同じ悩みを分かち合える仲間との大切な場にもなっています。

・FCニュース&おたからやナビ

おたからやでは、経営に役立つ情報を掲載した冊子を毎月発行しています。成功事例・失敗事例・新しいサービス提供・真贋情報など、オーナーのビジネスに役立つ情報が満載です。また、会員制サイト「おたからやナビ」でもこれらの情報が閲覧できます。おたからやナビは、真贋情報を何度でも見ることができ、商品の相場情報も確認が可能です。

・ホットラインシステム

経営に専念するためには、できるだけ買取に関する不安を取り除くことが重要です。特に、商品を目の前にして不安を感じる方は多いでしょう。そんな不安を取り除けるのが、ホットラインシステムです。スマホで商品写真を送るだけで、本部が真贋判定をしてくれたり、相場の確認をしてくれたりします。商品ごとに専門家が在籍しているのも特徴です。いつでも専門家がアドバイスしてくれるため、安心して買取ができるでしょう。また、ホットラインシステムによって真贋判定を受けた商品は、たとえ偽物であったとしても本部が全額保証してくれます。オーナーが損をしないよう、安心して経営できるよう作られたサポートです。

・オーナー会

おたからやでは1年に1回、オーナー会が開催されます。イメージキャラクターのコロッケさんも参加しており、全国でも優秀な成績を収めるオーナーの表彰などを行なっているのです。フランチャイズオーナー同士が切磋琢磨しあい、モチベーションを上げて事業を行える環境が整えられています。

<事前入金>

買取業は、お客様が商品をお持ちになられた際に現金をその場でお渡しする必要があります。しかし、現金が手元になければ買取はできません。そんな心配を払拭するのが事前入金サポートです。高額商品を買い取るとき、商品を本部へ発送する前など、必要なタイミングで資金を事前に入金してもらえます。オーナーの金銭的な負担を減らして経営ができるのは、おたからやならではの魅力と言えるでしょう。

2-3.おたからやのサポート体制に関する被害

おたからやのサポート体制についてお伝えしましたが、中にはサポート体制に関する被害を受けたと言われる方もいらっしゃいます。実際にどのような被害を受けられたのか、また、何がいけなかったのか等、第三者目線で解説していきます。

<集客の見込みがない立地でも簡単に稼げると言われ、営業の人間を信じて契約してしまった。本部からは努力が足りないと言われてサポートしてもらえなかった。>

このような被害の声が上がっています。営業担当の勧める物件を契約したにも関わらず、集客ができず本部からのサポートも受けられなかったという被害の声です。

まず確認したいのは、本当に集客の見込みがない物件だったのかどうか。そもそも、フランチャイズはオーナーが毎月ロイヤリティを支払うことで本部が儲かる仕組みのため、収益の出ない物件を勧めることは考えにくいでしょう。

また、簡単に稼げるというのは、他のビジネスと比べて簡単ということが考えられます。フランチャイズは既にビジネスモデルが確立されているため、一から事業を始めるより手軽で簡単というのは言うまでもありません。しかし、全ての人が必ず稼げるビジネスなど存在せず、少なからずリスクは潜んでいます。営業担当の話を鵜呑みにして契約してしまったのなら、オーナーにも責任はあるのではないでしょうか。

さらに言うと、オーナーは一人の経営者であって、社員ではありません。フランチャイズ本部と対等の関係であることから、成功するための努力は必要不可欠です。本部から努力が足りないと言われたのであれば、何かしら行動を改める必要はあったと考えられます。まずは、フランチャイズの仕組みや経営者としての心構えの部分から見直す必要があるでしょう。

<集客はチラシを薦めてくるだけで、本部は地方の新聞購読率、年代購読率などの重要なデータは知らない。>

このような被害の声もあります。まずは、なぜ本部がチラシを勧めるのかを考えてみましょう。さらには、おたからやのイメージキャラクターがなぜコロッケさんなのかも併せて考えてみると、答えは自ずとわかるのではないでしょうか。

おたからやは、貴金属やブランド品の買取をしており、メインのターゲットはこれらの商品を多く持つ中高年層です。中高年層は若年層よりも新聞を購読している割合が高く、チラシに目を通す方も多いと言えます。

さらに、中高年層に馴染みのあるコロッケさんがイメージキャラクターのため、親近感・安心感を同時に与えることが可能です。このような理由から、メインターゲットにダイレクトにアピールするのであればチラシが有効と言えるでしょう。

3.フランチャイズ本部と加盟店の関係性について

一般的なフランチャイズ契約とおたからやのフランチャイズ契約、それぞれのサポート体制についてご紹介しました。加盟店が成功できるよう、フランチャイズ契約にはあらゆるサポート体制が整っていると言えるでしょう。しかし、サポート体制が整っていても忘れてはいけないことがあります。それは、フランチャイズ本部と加盟店は「対等」な関係であるということです。

フランチャイズ本部には商標の使用権などを提供する義務・対価を受け取る権利が生じ、加盟店には商標などを使用する権利・対価を支払う義務が生じます。フランチャイズ契約では、本部と加盟店がそれぞれ独立した事業者として扱われるため、契約上は上司と部下といった主従関係ではなく対等な関係になるのです。

フランチャイズ契約後に多いトラブルとして、本部のサポートが受けられなかった、想定よりも売り上げが低くロイヤリティの支払いが難しいといったことが挙げられます。これらの「イメージしていたものと違う」といったトラブルは、契約前に本部にきちんと確認することで防ぐことができるでしょう。本部のサポート内容はいつ・どのようなタイミングで・何回受けられるのか、予想売上の根拠はどのようなものかなど、不明点はしっかりと解消しておく必要があります。

フランチャイズ加盟店は立派な事業者です。本部から言われたことを鵜呑みにするのではなく、起きうるトラブルを未然に防ぐためにも契約書の内容をしっかりと確認する必要があります。

なお、日本フランチャイズチェーン協会に登録する本部の場合は、契約書に関する説明を受けてから契約締結までに、7日以上の検討期間をおくことを自主基準として定めています。今後の人生に関わる重要な決断となるため、焦らず時間をかけて確認・検討するようにしてください。

そうはいっても、フランチャイズ加盟を検討中の方は、法律や契約のプロではないことがほとんどです。たとえ時間をかけても、契約書の隅々まで完璧に理解するのは難しいと言えます。そんなときには、大丈夫だろうと楽観的に判断せず、弁護士などの専門家に力を借りてください。疑問点をしっかりと理解した上で契約に臨むことが、フランチャイズで成功する一つのポイントとなります。

4.フランチャイズ加盟をする際の心構えに関して

ここまで、フランチャイズ契約後のサポート体制や本部と加盟店の関係性についてお伝えしました。フランチャイズ契約の心構えとして、下記の点にご注意ください。

  • 加盟店は独立した一事業者として経営する覚悟が必要である
  • ご自身の課題や疑問を把握し、具体的にどのようなサポートが欲しいのかを明確にする
  • 一事業者として店舗運営や集客等の知識・スキルを自力で取得する必要がある

つまり、フランチャイズ契約でブランドの名前やビジネスモデルを使用できても、あくまで加盟店は一事業者であり、ご自身が社長であるという覚悟を持って経営しなければなりません。フランチャイズ契約だけでなく、事業を始めるにあたっては、何事においても他責にせず全て自分の責任であるという覚悟が必要です。

5.まとめ

フランチャイズ契約には、加盟店の経営がうまくいくよう様々なサポート体制が用意されています。その中には、期待していたサポートを受けられなかったという被害の声も含まれていますが、本部に全て問題があるとは一概に言えません。

フランチャイズはサポートありきで加盟するのではなく、あくまでもご自身が独立した事業者として、経営がうまくいくよう自力で改善していく必要があります。また、フランチャイズであっても、一事業者として自分の事業を持っているという覚悟を持つことが重要です。これらのポイントを押さえながら、じっくりと検討した上でフランチャイズ契約をするようにしましょう。