「おたからやのフランチャイズ契約ってどうなの?」
このような不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。
営業対応が悪い、契約前後で言っていることが違うなど、悪い噂を聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

では、実際におたからやのフランチャイズ契約はいったいどのようなものなのでしょうか。おたからやのフランチャイズ契約で被害を受けた、という声も取り上げながら、おたからやの実情について調査した結果をお伝えいたします。

1.「フランチャイズ」の仕組みについて

おたからやのフランチャイズ契約について知る前に、再度「フランチャイズ」の仕組みについて理解しておきましょう。

「おたからやのフランチャイズ契約で被害を受けた」という声を耳にしたことがあるかもしれませんが、そもそもフランチャイズ契約についてしっかりと理解していなければ、どのフランチャイズを選択してもトラブルは起こりうるのです。

安心してご自身の事業を始めるためにも、まずはフランチャイズの仕組みについて、もう一度おさらいしておきましょう。

1-1.フランチャイズの営業方針とは

フランチャイズとは、本部の運営ノウハウやブランド力を借りて、加盟店が営業を行う業態のことです。加盟店は本部からのサポートを受けられる代わりに、ロイヤリティ(利用料)を本部に支払います。加盟店が増えれば増えるほど、本部はロイヤリティによって利益を増やすことができるのです。そのため、本部は加盟店を増やすことに注力しています。

もちろん、フランチャイズは加盟店にとってもメリットの大きい事業です。一大決心して事業を始めようとしても、自分で一から事業を考えるのは大変な労力が必要になります。しかしフランチャイズであれば、もともとブランド力のある企業の名前や運営ノウハウを使用できるため、一から事業を始めるよりもスムーズに開業することができるのです。

例えば、コンビニエンスストアをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。ご自身で個人名のコンビニエンスストアを開業しても、無名のためなかなか集客が思うようにいかないかもしれません。しかし、全国展開のコンビニエンスストアとフランチャイズ契約を結べば、多くの方に認知されているため集客がスムーズにいくというメリットがあります。ロイヤリティの支払い義務はありますが、それでも事業を一から始めるよりは挑戦しやすいと言えるでしょう。

1-2.フランチャイズの契約前後で担当者が変わる場合がある

フランチャイズで事業を始めるためには、企業の営業担当者と話をする場面が出てきます。その際に注意しないといけないのは「フランチャイズ契約を結んだ後に担当者が変わるかもしれない」という点です。これは、企業が業務をスムーズに進めるために、営業担当者と運営支援(SV:スーパーバイザー)を分けているために起こります。

契約前後で担当者が変わることは珍しくないのですが、ここにフランチャイズ契約の落とし穴が潜んでいるのです。それは「営業担当者が良い人だったので契約を結んだ」という方が、あとあと営業担当者と連絡が取れなくなり、フランチャイズ契約自体に不満を持ってしまうということです。

前項でも述べたように、フランチャイズは加盟店が増えれば増えるほど収益が上がります。また、営業担当者は歩合制のことが多いため、契約数を増やすために多少話を盛ってお客様に説明したり、愛想よく接したりすることがあるのです。その結果、詳細を理解しないまま契約してしまい、嘘をつかれた、被害を受けたと後悔するお客様が後をたちません。

フランチャイズ契約をする際には、契約前後に担当者が変わる可能性を考慮し、営業担当者の人柄だけで企業の良し悪しを決めるのは避けましょう。

1-3.全ての加盟店が成功することはない

たとえフランチャイズであっても、事業を始めることには変わりありません。すなわち、失敗する可能性は誰にでもあるのです。フランチャイズで事業を始めようと考えている方の中には、フランチャイズ契約をすれば全てうまくいく、本部がサポートしてくれるから失敗することはない、と勘違いされている方もいらっしゃいます。しかし、100%うまくいくビジネスなど存在しないのです。

フランチャイズは、ある程度認知されたブランド名や、成功した運営ノウハウを最初から使用できるため、自分で一から事業を始めるよりは失敗しにくいでしょう。また、サポート体制も充実しているため安心です。しかし、本部に全てを任せっきりにしていると、うまくいくものもうまくいきません。フランチャイズ契約はあくまで対等なビジネスパートナーです。ご自身のビジネスとしてうまくいかせたいのであれば、本部のアドバイスやサポートを上手に活用しながら、絶対に成功させるという強い思いと行動が必要と言えます。

2.フランチャイズを選ぶときの注意点

フランチャイズの仕組みについてご理解いただけたかと思います。
次に気になるのは「どうやってフランチャイズを選べばいいの?」ということではないでしょうか。
事業を成功に導くために重要な【フランチャイズを選ぶときの注意点】について詳しく見ていきましょう。

2-1.ご自身の課題を解決できるかを確認すること

フランチャイズ契約を結ぶ前に、フランチャイズで事業を始めることでご自身の課題を解決できるのかを考える必要があります。独立したいけれどノウハウやアイデアがない、まずはサポートを受けながら起業したいなどといった場合には、フランチャイズ契約は適しているでしょう。しかし、フランチャイズは本部の成功ノウハウを伝授してもらえる代わりに、自由度は下がってしまいます。店構えやノウハウはアレンジするのが難しい場合もあるでしょう。そのため、全てを自分で工夫して事業をしてみたい方にはフランチャイズは不向きと言えます。

決められたルールの中で創意工夫し、その中でご自身の夢や理想を叶えられるのであれば、フランチャイズは取り組みやすい事業の一つです。独立して早くお金を稼ぎたい、ビジネスについての知識が乏しいのでサポートが欲しい、早く自分のビジネスを持ちたいといった方は、フランチャイズ加盟が人生を切り拓く第一歩となるでしょう。

2-2.加盟したオーナーの生の声を聞くこと

加盟を検討しているフランチャイズ企業がある場合は、すでに加盟しているオーナーの声を聞くようにしましょう。大切なポイントは「オーナーの生の声」を聞くことです。フランチャイズ企業のホームページに載っているオーナーの声は、ほとんど良いことが書かれています。しかし、オーナーになってから困ったことは誰にでもあるでしょう。そんなリアルな声を事前に聞いておくことは、実際に自分がオーナーになったときのことを想像しやすくなるため、できるだけ加盟オーナーの声を聞くようにしてください。

もし身近に加盟したオーナーがいなければ、営業担当の方に紹介してもらうのも一つの方法です。もちろん、良いことをたくさん言われるかもしれません。しかし、同じ事業者同士、経営についての悩みや不安を共有できるため、加盟についての心配事を解消できるかもしれません。まずは実際に加盟しているオーナーと話をする場を設けて、フランチャイズ契約の実情についてご自身でも調査するようにしましょう。

2-3.良い事例・悪い事例どちらも確認すること

フランチャイズ契約を結ぶ前には、実際に加盟された方の成功事例と失敗事例をどちらも確認するようにしましょう。フランチャイズであっても一つの立派なビジネスです。いくらサポート体制が充実していても、失敗する可能性はゼロではありません。営業担当者からは良い事例を聞くことが多いですが、悪い事例もしっかりと聞くようにしましょう。うまく流されたり、失敗事例を教えてくれなかったりする場合は、営業担当者を変えてもらうのも良いかもしれません。不誠実な営業担当者の場合は、契約してもらうことだけにこだわり、話を盛ったり良いことしか言わなかったりと、お客様の不利になることも平気で行う可能性があるのです。誠実な営業担当者であれば、うまくいかなかった事例も紹介しつつ、しっかりとお客様の気持ちに寄り添ってくれます。冷静に事業を見極めるためにも、成功事例・失敗事例のどちらも必ず確認するようにしてください。

2-4.あらゆるデータを集めて検討すること

フランチャイズ契約の決め手になるのはデータです。加盟店の数はもちろん、既存店の成長率や閉鎖率、出店スピードなどを確認しておけば、今後多店舗展開する場合の参考にもなるでしょう。また、出店を希望する地域に同業他社がどのくらいあるのかも要チェックです。フランチャイズ企業に問い合わせてデータを収集し、ご自身の目で精査するようにしましょう。ビジネスを始める上で、データの収集や解析は大変重要なポイントとなります。

2-5.最終的には自分で判断をすること

フランチャイズ契約で最も重要なことは「最終的には自分で判断すること」です。様々なデータを集め、自分の目で見て、考えて出した結論であれば、どのような決断でも素晴らしいものです。しかし、自分でしっかりと考えずに契約をしてしまうと「営業担当者に儲かると言われたから」「本部がサポートしてくれると思ったから」と、いつまでも他責にしてしまうでしょう。他責にしていても何も始まりません。騙された、被害を受けたと言うのは逃げ道とも捉えられます。自分で調べて決断することは、フランチャイズ契約だけでなく、人生においても重要なことと言えます。だからこそ、人生の新たな一歩を踏み出す前に、しっかりと自分で調べて、自分で決断する勇気を持つことが必要なのです。

3.おたからやの営業対応に関する調査

フランチャイズ契約には、注意するべき点がいくつもあります。
しかし、それ以上にメリットが多いのもフランチャイズの魅力です。
ここからは、おたからやのフランチャイズに興味を持っている方のために、おたからやで被害を受けたという声をもとに、おたからやの営業対応について独自調査しました。
実際におたからやの営業担当はどのような対応をしているのか、3つの視点から見ていきます。

3-1.「対応の誠実さ」について

  • 「毎月の広告協賛金の話を聞いていないけれど、説明しましたとの一点張り。契約を急がせて考える時間を与えてもらえなかった。」

このような被害を訴える方がいらっしゃいますが、これはおたからやの営業担当だから起こった事例というよりも、フランチャイズ契約の注意すべき点と言えるでしょう。

説明した、説明していないというのは、どのような契約や約束事でも起こりうる事態です。このようなことが起こらないよう、契約書があるのではないでしょうか。契約書には多くの文字が記載されており、読んで理解するのはなかなかの重労働かもしれません。しかし、人生をかけた大切な契約には変わりありませんので、必ず契約書の隅々まで確認し、不明点はご自身が理解するまで本部や営業担当に確認する必要があるのです。

また、契約を急がせるのは、どの営業にも当てはまることでしょう。例えば通販番組などでは「今だけ10,000円オフ!」などと盛んに言われていますよね。家電量販店でも「今冷蔵庫を購入してもらえたら、掃除機をプレゼントします!」などと「今」買ってもらうための割引やサービスを提案してきます。これは営業の基本的なことなので、そこに関しては「そういうもの」だと理解した上で営業担当から話を聞く必要があります。何度も言いますが、フランチャイズは人生を賭けたビジネスのスタートです。瞬間的に判断できる方もいらっしゃいますが、一度持ち帰りじっくりと検討したい場合は「即決しない」ということを決めてから話を聞きに行くほうが良いでしょう。ご自身の性格やビジネスのスピード感なども含めて、ご自身のタイミングで決断してください。

なお、おたからやでフランチャイズ契約をされたオーナーからは、営業担当の対応に大変満足しているという声も聞きます。

  • おたからやの担当さんはどこよりも親切です。不安な事があるなら面談で悩みを相談して、自分はこうしたいと話をすれば力強くアドバイスしてくださいます。
  • 担当の方から「何か事業を始めるのであれば、ご家族の方の理解が必要なのでご主人の方と一緒に話を聞いてください」って言ってくださったので「あぁ、怪しい会社ではないな」と思いましてお話を聞くことにしました。
  • 話を聞くまでは正直フランチャイズビジネスはあまりいい噂を聞かなかったんですけど、説明会であった担当者さんは、成功例はもちろん、失敗した人の話も包み隠さず話してくれた、紳士的な対応が白黒ハッキリさせたい私の性格には合っていました。

特に、フランチャイズを選ぶときの注意点でも挙げた「良い事例と悪い事例のどちらも確認すること」に関しては、営業担当が包み隠さず話してくれたという声があります。事業にはもちろん、うまくいくとき、うまくいかないときがあります。悪い事例を聞くと、フランチャイズ加盟に対し消極的になってしまうこともあるでしょう。しかし、あえて悪い事例を伝えることで、新しい加盟店が同じ失敗をしないよう配慮してくれているのです。このような誠実な対応があるからこそ、おたからやは買取専門店の中でも圧倒的な出店店舗数を誇るのだと言えます。

3-2.「説明の丁寧さ」について

  • 「契約締結前の説明が不十分。」

このような被害の声を聞くことがあるかもしれません。買取業界は未知の世界といった方や、初めて独立する方にとっては、営業担当者の説明次第で人生が変わるといっても過言ではないでしょう。しかし、契約前の説明が不十分なことは、どのフランチャイズ契約であっても起こりえます。やはり重要なことは、しっかりと契約書に目を通すこと、不明点はご自身が理解するまで深掘りして質問すること、わからないまま放置しないことです。説明が丁寧かどうかは実際のところ営業担当者一人ひとりによって異なります。これはおたからやに限ったことではないため、あらかじめご自身の不安な点や不明点を洗い出し、しっかりと理解した上でフランチャイズ契約を結ぶようにしてください。

  • 独立を決意し、不動産や飲食店を含めた20〜30社ほどのフランチャイズに資料請求。その中で一番最初に連絡をくれたのが「おたからや」で、なんと翌日にはコンサルタントから詳しい話がきけました。その対応の速さと他社にはない魅力、そして担当の方の丁寧な説明を受けて加盟をきめました。

このように、おたからやの営業担当の説明の丁寧さについて高い評価をしているオーナーもいらっしゃいます。全てを営業担当者任せにするのではなく、ご自身が社長になる、オーナーになるという覚悟を持ち、積極的に不安材料を解消していくことも重要です。

4.契約前の説明と違う?営業担当者の説明内容について調査

おたからやだけでなく、フランチャイズ契約の被害を訴える方の中でも「契約前後で言っていることが違う」という声は比較的多いです。本当に契約前後の話が違うのか、主な被害の声について一つひとつ確認していきます。

4-1.【被害の声】儲からない

  • 毎月高いロイヤリティを支払い赤字がつづく。
  • 事前の説明で「一撃で35万の利益」「数日で100万円近い利益」など、とにかく簡単に儲かると説明を受ける。全てが嘘とは言いませんが「2坪1人で3億の売上」なら本部が全てやって加盟店にそんな利権を渡しません。

営業前の説明では「簡単に儲かる」と言われていたのに、実際には儲からなかったという被害の声があります。そもそも、全ての人が絶対に儲かるビジネスは存在しません。また、簡単に儲かるビジネスも怪しいでしょう。おたからやで利益を上げている人は、必ず見えないところで努力をしています。成功モデルを徹底して真似てみる、本部に言われた通りチラシ配布に力を入れるなど、自身の事業を成功させるためにあらゆる対策を講じているのです。

以下はモデル収支ですが、あくまでモデル収支のため、毎月の売り上げ金額にバラツキが生じることや、地域によっても差は生まれるでしょう。しかし、実際にこれだけの利益が生じる可能性があることは確かです。ご自身でビジネスを一から立ち上げることを考えれば、ノウハウを伝授してもらえ、ブランド名を利用しながら短期間で売り上げを作れるのは、フランチャイズの最大の魅力と言えるでしょう。

【2021年直営店の月間平均金額を元にしたモデル収支】

【売上】25,974,025円
【買取額】15,584,415円
【粗利額】10,389,610円
【経費合計】3,350,000円 ※家賃・人件費・広告費・ロイヤリティ・諸経費など
【営業利益】7,039,610円

※引用元
おたからやフランチャイズ契約検討者向けホームページ モデル収支

  • 先日4キャラットのダイアがきて一つで700万円の売上になったんです。粗利は言えませんが「あぁ、夢があるな~、これがおたからやなんだな」と感じました。
  • 1店舗で単月売上2,000万円。しかも粗利率がめちゃくちゃ高く、正直もう半年ぐらい休んでもいいかなと思うほど利益が出ます。
  • オープン初日から15組くらいお客様に来ていただいて、お店の前に行列が出来たのを覚えています。お陰で初月から売り上げは1,000万円を超え、それまで苦しかった生活にも徐々に余裕が出てきて、今ではV字回復まできています。

このように、おたからやを経営することで儲けを出している方は多くいらっしゃいます。全てのビジネスが成功するわけではありませんが、実際に成功している方が多いのはおたからやフランチャイズの特徴です。儲かる、儲からないはやってみないと誰にもわかりません。しかし、成功事例があることは確かです。儲からないという被害の声を鵜呑みにせず、おたからやフランチャイズでご自身の理想の人生や夢を叶えられるかどうかをじっくりと考え、その上で加盟することをおすすめします。

4-2.【被害の声】本部のサポートが無い

  • 本部から「運営ノウハウ」や「経営戦略」を指導された方はいません
  • 経営について相談が出来る人が本部にはいない。

営業前には本部の手厚いサポートがあると聞いていたのに、実際にはサポートしてもらえなかったという被害の声があります。しかし、そもそも加盟店がうまく経営できなければ、おたからや本部も収入源が減ることになり、ダメージを受けるのです。わざわざ加盟店を増やしているのにすぐに閉店してしまえば、本部の労力も無駄になると言えるでしょう。加盟店が利益を出し続けることは、本部にとってもメリットになるのです。そのため、加盟店に対してサポートをしないということは、実際には考えにくいでしょう。

  • やっぱりおたからやさんのサポートは凄いですね。僕らでもしっかり出来るし、研修で勉強もさせてもらって、困ることはないですね。
  • 全国に1300店舗ある中で査定・買取・換金まで担当さんがサポートしてくれるから1人でもスムーズにやっていけます。粗利はもちろんだけど会社全体の優しさが伝わるこの会社に加盟して良かったと思います。
  • 開業当初は毎日のように本部に連絡させて頂きました。もちろん、加盟するまで買取の仕事をしたこと無かったですから、全くの無知で何が正しいのか何が間違いなのかもさっぱり分からなかったです。接客一つをとってもお客様を目の前にすると緊張して頭が真っ白になりましたから、気軽にすぐ連絡がとれる本部のサポート体制は、凄く心強くて今でもお世話になっています。買取店の仕事はお客様との会話が大切になると思っています、だからこそ研修で教えてもらえる、おたからや独自の営業指針は必須ですね。
  • 最初はとにかく1人でお店に立つことが不安で、担当の方によく電話をかけていたのですが、困ったこと、不安な気持ちなど、何事も優しく教えてくれたりして不安はすぐに解消されていきました。
  • 1店舗目をオープンした時には、接客に苦労しました。経験則から本部のアドバイスを実行できず、買い逃しが多かったように思います。どうしても客商売なので、会話スキルは必要になっていくのですが、現在は当社の教育ノウハウと本部の接客ノウハウをあわせて育成しています。

このように、本部サポートがあったからこそ成功できたというオーナーの声は多いです。買取業界未経験の方であれば、初めから売り上げを作ることは難しいでしょう。しかし、鑑定は本部がサポートしてくれたり、電話や面談で不安なことを相談したりと、二人三脚で運営できる仕組みがあるからこそ、初心者でも成功している方が多いのです。

また、当初は本部のアドバイスを実行できずに苦労した方も、本部のアドバイスを実行することでうまくいったという事例があります。やはり、成功のためには成功モデルを真似することが必要です。初めはうまくいかないことが多いかもしれませんが、様々なトライ&エラーを繰り返すことで成功に近づいていくでしょう。

4-3.【被害の声】集客はチラシを薦めてくるだけ

  • 集客はチラシを薦めてくるだけ…
  • 本部から、チラシ以外の集客方法を聞いたことがない、運営のアドバイスを聞いても「チラシを増やせ」「チラシが1番」としか言われた事がない。

このように、チラシ以外の集客方法を聞いたことがないという声をよく聞きます。しかし、チラシを勧めるのにはそれなりの理由があるのです。

まず、買取業ということはお客様が品物を店舗に持ち込む必要があります。すなわち、店舗近隣の方がいらっしゃるのです。近隣の方にダイレクトにおたからやを認知してもらうためには、チラシが一番効率的でしょう。例えばネット上に広告を作るとなると、莫大な費用や手間がかかってしまいます。しかも、近隣に住むお客様に広告を確実に見てもらえるかどうかは怪しいものです。

また、ブランド品を買取してほしいと来店される方は、インターネットをよく利用する若者よりも、新聞や広告に目を通す機会の多い中高年以上の方がほとんどと言えます。こういった理由からも、チラシには十分な集客効果があると言えるのです。さらに、おたからやという有名なブランド名を使えること、コロッケさんという中高年以上にも広く認知されている広告塔を使えることも併せて考えれば、チラシが最も効率よく集客できるツールといっても過言ではありません。

5.まとめ

今回はおたからやの営業対応に関する被害について調査いたしました。「被害者の声」も一つの意見です。しかし、どのフランチャイズ契約にも当てはまる注意点が存在することや、実際におたからやで成功しているオーナーがいることも忘れてはなりません。

これからおたからやでフランチャイズ契約をしようと考えている方は、様々な情報を集めた上で、ご自身が後悔しないよう決断することが重要です。新しい人生のスタートがより良いものになるよう、当記事の情報が適正な判断をするための一助となることを願っています。