「おたからやフランチャイズは多店舗展開できる?」

このように、おたからやフランチャイズに加盟したオーナーの中には、多店舗展開を検討している方も多いのではないでしょうか。そこでこのページでは、おたからやフランチャイズの多店舗展開に関する独自調査の結果をお伝えいたします。

  • フランチャイズの多店舗展開について
  • フランチャイズ多店舗展開で失敗するリスクについて
  • おたからやフランチャイズの多店舗展開について

上記に加え、おたからやフランチャイズの多店舗展開で被害を受けたという声や、実際におたからやの多店舗展開で成功している事例などを取り上げます。おたからやフランチャイズで多店舗展開をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1.フランチャイズの多店舗展開について

はじめに、一般的なフランチャイズの多店舗展開についてみていきましょう。

1-1.フランチャイズ店舗は多店舗展開できる?

フランチャイズは多店舗展開ができる事業と言えます。多店舗展開によってフランチャイズ本部に支払うロイヤリティは増えますが、しっかりと実績をあげることで儲けているオーナーが大勢いるのも事実です。そのため、フランチャイズの多店舗展開はオーナーにとって事業規模を拡大させるチャンスと言えます。フランチャイズの多店舗展開を視野に入れている方は、多店舗展開の成功事例や失敗事例、メリットやデメリットなどを精査しながらじっくりと検討するようにしましょう。

1-2.一定の条件を満たす「メガフランチャイジー」とは

フランチャイズの多店舗展開の中でも、以下2点を満たす加盟店を「メガフランチャイジー」と呼ぶことがあります。

  • 30店以上のフランチャイズ店舗を経営
  • 売上高が20億円以上

メガフランチャイジーは、フランチャイズのブランド力を利用して事業を行うため、はじめから収益をあげやすいというメリットがあります。また、店舗数が多いことでノウハウを蓄積しやすく、事業拡大しやすいと言えるでしょう。フランチャイズビジネスに参入する方は、メガフランチャイジーを目指してみるのもよいかもしれません。

2.フランチャイズの多店舗展開で失敗する理由

フランチャイズの多店舗展開は、事業拡大を目指す上で重要な役割を果たします。しかし、1店舗目の経営がうまくいったからといって、2店舗目、3店舗目も同様にうまくいくとは限りません。フランチャイズの多店舗展開には失敗するリスクが潜んでいるため、事前にしっかりと対策を練る必要があります。まずは、フランチャイズの多店舗展開で失敗しやすい理由をみていきましょう。

2-1.フランチャイズの多店舗展開で失敗しやすい理由

  • 経費の増加に対して十分な売り上げが見込めない
  • 多店舗経営によって経営が複雑になり管理しきれない
  • 人材の確保や育成が難しい
  • 店舗同士が客を取り合ってしまう
  • 新店舗を拡大しすぎてしまい収益と支出のバランスが取れなくなる

フランチャイズの多店舗展開は、上記のような理由で失敗する可能性があります。多店舗展開の前には、売り上げや支出に関するシミュレーションを入念に行い、マニュアルを作るなどの対策をとりましょう。

2-2.おたからやフランチャイズの多店舗展開に関する被害の声

「店舗のすぐ近くに、買取店が出店。加盟店が自らの店舗を営業していた地域の、近隣に本部や加盟店が出店した場合、顧客が分断されて過当競争を引き起こしかねません。これによって、既に出店していた加盟店の売上や利益が下がってしまうことが当然予想されます。」

おたからやフランチャイズの多店舗展開に関して、上記のような被害の声が挙がっています。このような同一ブランドが近隣に出店することを「ドミナント出店」と呼び、コンビニエンスストアやカフェチェーンなどが多く取り入れています。

ドミナント出店は近隣に店舗を出店するため、顧客の取り合いが生じる可能性はありますが、実はメリットも多いのです。例えば、その商圏におけるブランドの認知度を高めることができます。さらに、他社が入り込む隙間をなくす効果も期待できるのです。そのため、同一ブランドが近隣に出店することは一概に悪いこととは言えないでしょう。

3.おたからやでは多店舗展開できる?

フランチャイズは多店舗展開によって事業を拡大することができます。しかし、様々なリスクがあることも事実です。おたからやでは多店舗展開のためのプランや本部からのアドバイスなど、オーナーが多店舗展開で成功できるよう様々なサポートを用意しています。もちろん絶対に成功する事業は存在しませんが、おたからやではこれまでの運営ノウハウを活かした追加出店のサポートを行なっているため、失敗のリスクを軽減することが可能です。おたからやの多店舗展開で成功したオーナーは数多くいるため、それぞれのオーナーの事例をみながら多店舗展開について検討してみてください。

オーナーの声①
知名度が高い「おたからや」のブランドとノウハウを全てお借りできるフランチャイズ事業は魅力的でした。さらに「初期費用の低さ」と「出店スピードの速さ」が当社の望む多店舗展開に向いていたのが加盟のキッカケです。やはり事業としてするなら1店舗ではなく多店舗展開することで会社の柱になりますから、他社のフランチャイズ事業にはない多店舗展開のためのプランも魅力の一つです。

オーナーの声②
現在、2店舗を社員5名で運営しています。これを最低でも5店舗にして社員ひとり1人に一店舗ずつお店を任せたいと思っています。2店舗運営させてもらって売上も上がっていますし、本部と相談して勝算があると感じているので多店舗展開していきます。未経験だった社員が一人で月粗利500万円くらい上げているのですよ。これは勝算を感じますよね。

オーナーの声③
私はゴールドプランという多店舗展開がお得になるプランに加盟して売上をあげているので、いま経営している「おたからや」4店舗から、さらに2店舗増やして合計6店舗を展開する予定です。その後、北陸で10店舗ほど出店できたら嬉しいなと思っています。こうして順調に多店舗をオープンできたのは、本部が希望エリアにある良い立地を選定し、声をかけてくれたからです。1店舗が軌道にのったとき、本部から「近くに同じような立地で良い場所がありました!」と連絡をいただきました。二つ返事で「やります」と2店舗目を決めてからも本当に順調なので、今後の展開でも期待しています。

4.まとめ

多店舗展開はおたからやに限らずどのフランチャイズでも難しいと言えるでしょう。また、失敗するリスクもあります。しかし、その分成功したときには収益が大幅にアップし、事業を大きく拡大することができるのです。おたからやでは、オーナーが多店舗展開で成功できるよう様々なサポートを用意しているため、一般的なフランチャイズよりも多店舗展開がしやすいかもしれません。多店舗展開を目指している方は、再度メリットやデメリット、本部から受けられるサポート内容などを確認した上で決断してください。