買取フランチャイズの失敗事例を紹介!事業に向いている人・向かない人は?

買取フランチャイズは少ない資金でサポートを受けながら開業できることから近年、人気を集めており出店数も増加傾向にあります。そして、未経験でも開業できるという点も魅力の一つになっているでしょう。しかし、そんなメリットの多い買取フランチャイズでも、仕組みやメリットを活かしきれなければ失敗してしまうこともあります。

本記事では、買取フランチャイズでありがちな失敗事例や、事業に向いている人・向かない人などについて紹介していきます。買取フランチャイズでの開業を考えている人はぜひ参考にしてください。

買取フランチャイズにありがちな失敗事例

フランチャイズとはいえ、オーナーは自分自身ですので経営に失敗すれば大きな負担がのしかかります。そのような事態を防ぐためにも失敗事例を把握し、対策を立てられるようにしておきましょう。ここでは4つの失敗事例を紹介します。

偽物を買取してしまう

偽物と知らずに買取を依頼するお客様もいますが、残念ながら偽物とわかっていて買取を依頼する悪徳業者も存在します。このような集団は鑑定書を偽造したり、本物と偽物を組み合わせたりと様々な方法で偽物を買取ってもらえるよう細工してきます。

特に経験が浅い査定士は誤って偽物を買取ってしまうこともあるでしょう。それを防ぐためにもより高度な商品知識や査定技術を身に付けることが大切です。

また、フランチャイズでは本部が査定をサポートしてくれたり、本部が査定した品物が偽物だった場合でも換金してくれたりといった支援を行っている企業もあります。未経験者であればこういったサポート制度が整っている企業のフランチャイズを選ぶのも一つの手段です。

盗品を買取してしまう

高価な品物のやり取りが多いため、時には盗品を売って稼ごうとする非常識な人間もいます。盗品を買取してしまった場合、犯人が逮捕されてもお金は戻ってこないことも多いようです。高価な品物を買取する場合は、お客様や入手経路に不審な点がないか確認しましょう。

安全であることが保証できない場合は、買取を断るということも必要です。単価が高い商品はなるべく買取したいところですが、リスクが高い場合は細心の注意を払いましょう。

利益だけを追い求めすぎる

店舗を運営していくためにはもちろん利益を上げることが大切です。しかし、そこばかりを追い求めてしまうとかえって経営が悪化してしまうこともあります。例えば、高価な宝石類や人気ブランド品など需要の高い品物はなるべく買取したいと考えます。ここで利益を大きくするために買取金額を少なめに見積もってしまえば、お客様の満足度は下がってしまうでしょう。

場合によっては、比較していた競合店で買取してもらうなど、自店で買取を成立させることすらできなくなってしまうかもしれません。このように目先の利益だけを追い求めているとリピータを逃してしまう可能性があります。

オーナー自身が現場を理解していない

オーナーの中には査定や接客などの店舗業務は別スタッフに任せて、自身は経営に専念するというやり方をとっている方もいるかと思います。これ自体が問題というわけではありません。しかし、自店に合った経営戦略を立てるには店舗の状況を把握することが必要です。

売り上げが伸び悩んでいたとして、立地、集客力、接客、査定技術など何が原因となっているのか。それを知るためには現場を理解しなければならないでしょう。

買取フランチャイズに向いている人の特徴

次に買取フランチャイズにはどのような人が向いているのか見ていきましょう。ここでは4つの特徴を紹介します。

開業資金の準備ができる

事業を始めるためには開業資金が欠かせません。買取ビジネスは比較的少ない資金で開業が可能ですが、フランチャイズではロイヤリティという対価がありますので、それを含めて開業資金を用意しておくと良いでしょう。

金額としては100万円以下でも始められる場合もありますが、200~300万円程度もしくはそれ以上の企業も多いため、数百万円程度は資金が必要になると考えられます。

計画や実行を試行錯誤できる

買取フランチャイズといっても開業後は自分で店舗運営していかなければなりません。もちろんサポート体制が整っているフランチャイズ本部が多いですが、それを活かして自店に合った取り組みを進めていかなければ、大きく成長していけないでしょう。

サポートにより得た知識や経験を活かして、試行錯誤ができる人は買取フランチャイズに向いているといえます。

何かしらの事業経験がある

未経験でも開業が可能としている買取フランチャイズですが、もちろん事業経験があるに越したことはありません。買取関連であればなお良いですが、そうでなくても事業経験があることは大きなアドバンテージです。

なぜなら商品知識や査定技術はもちろん必要ですが、それよりもまず店舗を運営していくためには経営に関する知識が必要になるからです。

必要な人材を明確化できる

一人営業であれば問題ありませんが、いずれ出店数を増やしていきたいと考えている場合は、人を見抜く力が必要になります。優秀な人材を確保するためにもまずは、求めている人材の能力を明確にすることが大切です。

そのうえで、実際に求める能力や技術を持っているか、人として信用できる人物かなど人柄まで見なければなりません。そのため、管理職としての経験があればこのような人材の確保に役立つといえるでしょう。

買取フランチャイズに向いていない人の特徴

次に向いていない人を見ていきましょう。ここでは3つの特徴を紹介します。

最初から利益だけを求める

もちろん店舗を運営していくためには利益を上げなければなりません。しかし、開業直後からそれだけを求めすぎることは危険性があります。最初はなかなか思うように売上が上がらないということはよくあることです。

思い通りにいかない状況でも、事業視察や原因を分析して黒字に導くための計画や期間を予測していくことが必要になるでしょう。

本部のビジネス方針に疑問がある

企業によってフランチャイズ本部の方針やサポート体制、開業プランなどの特徴が異なります。少しでも疑問があれば問い合わせや相談を行い、それでも納得できない場合は無理に始めないほうが良いでしょう。

疑問や不満を残したままでは、その後のトラブルの原因になる危険性もあります。

本部に頼り自分で行動を起こさない

買取フランチャイズでは、どの企業でもフランチャイズ本部のサポート体制は充実していることが多いようです。しかしサポートに頼りっきりで、自分で考えて運営ができなければ店舗の成長も止まってしまうでしょう。

フランチャイズオーナーはサポートによって得た知識や経験を活かして、自店に合った施策を考えていくことが大切です。

失敗事例から学んで開業するか判断しましょう

買取フランチャイズは始めやすいですが、必ず成功するとは限りません。フランチャイズでの開業を考えている人は、本記事で紹介した失敗事例を参考に、自店の対策に活かせると良いでしょう。また、向き・不向きな性格もありますので、自分にとってメリットがあると感じたらフランチャイズの利用を検討してみてください。