おたからやフランチャイズの評判は?2chのコメントについても調査

おたからやのフランチャイズ加盟店は年々出店件数を増やしています。現在、およそ1200店舗にも及んでいます。有名ものまねタレントがイメージキャラクターとして採用されている看板を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

本記事では、拡大を続けるおたからやフランチャイズによる経営を考えている方に向けて、実際の評判や仕組み、メリット、注意点などを紹介していきます。

おたからやフランチャイズはぼったくり?

拡大を続ける一方で、ネット上では事業に失敗した、サポート体制が不十分だったなど不満の声も見られるようになりました。ここでは、まずネット上のコメントと解決するための方法について見ていきましょう。

2chに記載されていたコメント

仕組みに対する不信感や店舗拡大による飽和についてのコメントが多いようです。

85まだまだ使える名無しさん2021/10/13(水) 11:59:07.43ID:gs/icPRB>>86加盟してる人に聞きたいのですがいーふらん なんて当初から胡散臭くて如何に加盟店からぼったくるか?がメインテーマの会社だって、募集案内見ても直ぐに分かりそうなもんだけどなんで加盟したんですか?
私?説明会は聞きましたよ、直ぐに分かるやばい会社だと判断しましたので加盟なんてしてませんよ。

https://mao.5ch.net/test/read.cgi/used/1628465364/

69まだまだ使える名無しさん2022/02/06(日) 12:35:54.22ID:rPqo6sKG>>71契約上は問題はないと思うが、商圏丸被りでもどんどん出店させるのは本部が加盟金や開業備品などの利益を社の利益目標の重要課題にしているからでしょう。これは私の個人的感想ですが月々のロイヤリティーよりも新規開店の利益が最重要なのでFC店新規開店三か月後閉店→が一番利益が高いのかなと思います。色々な情報ですと新規待機店がまだ200件以上あるとの事。そりゃ、既存店のケアなんてしているよりも兎に角新規開店→閉店を最重要課題にしているのかなと思います。まあ違法性はないし、契約上も問題はないけど。

https://mao.5ch.net/test/read.cgi/used/1632138370/

104まだまだ使える名無しさん2022/02/12(土) 15:02:09.65ID:QKu9EJ1c>>102同意です。古物買取10年やってますが、10年前と今では状況が大きく変わってきております。まずは競合店の数が全然違います。おたからやはまだ300店舗いってなかっですし、競合は少なかったです。またメルカリなどのフリマアプリの台頭、そして年々感じるのは、お客様が知恵をつけてきてます。安く買取は年々難しくなってきてると感じます。コロナの外出自粛も来店にかなり影響しております。ここ最近オープンしてるおたからやも含めた買取fcは、黒字出すのは至難の業。

https://mao.5ch.net/test/read.cgi/used/1632138370/

フランチャイズ経営の仕組みを理解しましょう

フランチャイズ経営は、個人や法人自身で始める開業とは仕組みが異なります。そもそもその仕組みを理解しておらず、経営が上手くいかなかったというケースもあるのではないでしょうか。

このようなケースを防ぐためにも、フランチャイズ経営の仕組みや、おたからや独自のルールや特徴などを把握しておくことが重要です。

フランチャイズ経営の仕組み

フランチャイズ経営では個人や法人が一から始める経営とは違って、認知度があるため良いスタートダッシュを切りやすいといわれています。なぜそのようなことが可能であるかは、本部と加盟者という関係性に理由があります。

ここでは、本部と加盟者とは何か、直営店との違い、おたからやフランチャイズでのプラン内容について見ていきましょう。

本部と加盟者で成り立っている

仕組みを簡単に説明すると、本部(フランチャイザー)が加盟者(フランチャイジー)にお店の名前や事業のノウハウを渡す代わりに、対価を受け取るというものです。これにより、加盟者であるオーナーは1からのスタートではなく、本部の認知度や経営ノウハウ、知識などを持った状態で経営を始めることができます。

本部側もこれらを渡す代わりに対価として加盟者からロイヤリティを受け取ります。ロイヤリティは、売上に対して一定の割合を支払う方法や毎月定額を支払う方法が一般的です。

直営店との違い

大きな違いは経営者が誰であるかということです。直営店では、本部の社員が経営を行いますが、フランチャイズ店では本部と契約した個人もしくは法人がオーナーとなって経営を行います。

また、本部が経営管理する直営店は、経営や査定などのノウハウを学ぶために、フランチャイズ店開業前の研修として使われることも多いようです。

おたからやフランチャイズの加盟プラン

おたからやフランチャイズ加盟店を開業するにあたって3つの開業プランが用意されています。

ダイヤモンドプラン:加盟金55万円+開業セット無料+研修費165万円(2名分)で220万円となります。ロイヤリティは月55万円です。

シルバープラン:加盟金55万円+開業セット110万円+研修費220万円(3名分)で385万円となります。ロイヤリティは月33万円です。

ゴールドプラン:加盟金110万円+開業セット110万円+研修費350万円(6名分)で605万円となります。ロイヤリティは月33万円です。

ダイヤモンドプランは初期費用が抑えられますが、他2つのプランと比べてロイヤリティが高いため、注意が必要です。

おたからやフランチャイズ利用前の注意点

ここまでで、フランチャイズの仕組みや、おたからやフランチャイズを始める際の初期費用については理解できたかと思います。

しかし、他にも気を付けていただきたい事がいくつかあります。フランチャイズ経営を始めようと考えている人は、始める前に以下3つの点に注意して準備を進めましょう。

開業資金を準備しておく

開業資金は必ず準備しましょう。おたからやフランチャイズではダイヤモンドプランが220万円と一番初期費用を抑えることができます。

それに加えて、スタッフを雇う場合は人件費が発生したり、毎月発生するロイヤリティもあったりしますので、開業資金は余裕をもって準備しておくと良いでしょう。

古物商許可証を申請する

利益を得ることを目的とした古物営業を行う際には、古物商許可を取得しなければいけません。

古物営業とは、古いものを買い取って販売することや、仕入れた古物をレンタルする、古物を別の品物に交換するなどを指しており、宝石やブランド品などを買い取って売るおたからやフランチャイズはこの営業に当てはまります。

古物営業者が古物商許可申請せずに営業してしまうと、法律により罰則を受けることになるため、必ず申請しましょう。

契約書の内容はすべて読む

特にお金が絡む部分は必ず把握するようにしましょう。フランチャイズ契約では初期費用からロイヤリティ、解約金など様々な場面でお金のやり取りが発生します。おたからやでは開業プランが3つに分かれていますので、初期費用やロイヤリティは選択したプランの内容で合っているか確認が必要です。

また、中途解約による違約金が発生するかも確認しておきましょう。解約時のトラブルを避けるためにもこちらの確認は欠かせません。

おたからやフランチャイズのメリット

フランチャイズの仕組みについて分かったところで、おたからやフランチャイズにはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、おたからやならではのメリットについて紹介していきます。

事前入金制度がある

おたからやは買取ビジネスであるため、品物を売って利益を上げる前に、まずは品物を買い取ることから始まります。そして、そのためには買い取り資金が必要です。おたからやでは、金や宝石類、ブランド品など高価な品物の買取も多くあるため、資金も多く必要になります。

開業直後で資金が余分にない場合でも、おたらからやでは事前入金制度を導入しているため、ランニングコストを少額に抑えることが可能です。

低資金で開業できる

買取ビジネス自体、広い店舗を必要としなかったり、在庫リスクがなかったりといった理由で、開業資金を比較的抑えることができます。さらにおたからやでは3つの開業プランがあり、プランによってはより低資金での開業が可能です。

本部の知名度を利用できる

フランチャイズの強みとして本部の知名度を利用できるというものがあります。そして、おたからやといえば有名ものまねタレントがイメージキャラクターを務めるテレビCMやWeb広告、看板などを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

店舗数も業界内最多で認知度も高いため、そのおたからやの名前を利用して開業できることは大きなメリットになると考えられます。

フランチャイズの仕組みを理解しておたからやのメリットを活かしましょう

フランチャイズそのものの仕組みを理解して、おたからやのメリットを活かして利用することで、長く店舗経営を続けることができるのではないでしょうか。

買取ビジネスでフランチャイズを始めようと考えている人は、本記事で紹介した仕組みやメリット、注意点を把握した上で準備を進めていきましょう。